水道橋・神保町・後楽園・飯田橋・九段下でお悩みの方はルクス治療院・鍼灸・整体・マッサージで!

スマホやパソコンを操作する際に肩が前に巻くような状態になっていませんか?

ストレートネックと同じで現代病にもなっている巻き肩。通称「スマホ肩」とも呼んだりします。

このような状態だと慢性的な肩こりの原因になっているかも、、?

気になりましたらご覧頂ければと思います。

巻き肩とはどんなもの?

肩の関節が前に入って丸まったような状態のことをいいます。

スマホやパソコン操作などで、身体が丸まってしまうことで引き起こる姿勢不良がほとんどです。

肩甲骨や鎖骨、背中などの筋肉の負担が強く掛かりやすくなり、肩こりや首こりの原因になってしまいます。

予防策としては、意識して丸まらないようにすることが最大の予防になります。

巻き肩で肩こりの原因に?

巻き肩になることにより、骨格が本来あるべき位置でなくなり、支えている筋肉の負担が大きくなってしまいます。

特に肩周りの筋肉や、胸の筋肉の負担が大きくなることで肩こりが出やすい身体になってしまいます。

特に引っ張りやすくなっている筋肉は、「小胸筋」「大胸筋」で肩を内に巻くのに強い作用を持つ筋肉になっています。

これらが伸びやすい状態になっていると肩がその逆で広がりやすい状態になります。

セルフケアで巻き肩を解消しよう

肩が伸びるようにストレッチをした方が良いですが、「どのようにストレッチすれば良いのかわからない」というのが多いと思います。

結構多いのが自己流で肩を回している人は、しっかりと肩甲骨や鎖骨が動くようなストレッチが出来ていない人が多いように思います。

腕をグルグル回すようなことをしていませんか?この方法は意外と肩甲骨が動かないやり方なんです。

巻き肩によるストレッチはしっかりと肩甲骨を後方に伸ばす必要があります。

簡単にできる方法があり、以下の動画で紹介してありますので、ご覧頂き実践してもらえたらと思います。

当院での巻き肩改善について

上記にあげた小胸筋・大胸筋をマッサージして筋肉の緊張を取ることも大事です。

また、肩甲骨のインナーマッスル(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)の柔軟性を付けることも大切になります。

巻き肩の状態の人ですと、肩関節の可動域や柔軟性などが悪くなっている場合もあります。

肩本来の位置に戻すように姿勢矯正を最優先にしていくと、筋肉の柔軟性も同時に付きやすくなります。

これを繰り返すことで、自然な肩の位置になってくるでしょう。

これにより、比例して肩こりや首こりも解消される可能性が高いと思われます。

巻き肩のストレッチはこちらの記事にも掲載しています。

巻き肩を解消して肩こりとおさらばしよう!

肩こりの原因は様々なありますが、多くは巻き肩・ストレートネック・猫背などの姿勢不良が続くことで引き起こります。

姿勢不良が続くことで、筋肉だけでなく関節の負担も掛かりやすくなり、関節内で変性を起こし強い痛みに変化したり、可動域がすごく悪くなる、ということも引き起こされます。

当院では、巻き肩の治療を得意としております。

最短で痛みが取り除けるよう、お力になりたいと思います。

何かわからない点などありましたら、お気軽にお問合せ頂ければと思っております。

簡単なストレッチ法はこちら↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー