産後の骨盤矯正をお考えの方や、骨盤の歪みでお悩みの方へ

水道橋・神保町・後楽園・飯田橋・九段下で「産後の骨盤矯正」をお考えの方はルクス治療院・鍼灸・整体・マッサージで!

出産前から後で骨盤が開き緩んだ状態になりますが、産後でこのようなお悩みはありませんか?

✔産後から下半身太りが気になるようになった

✔産後から腰痛などの不調が出るようになった

✔産後からむくみ冷えなどが出やすい

✔産後から痩せにくくなった

✔産後の骨盤の開きのせいか、尿漏れがしやすくなった

産後すぐはホルモンの関係で骨盤を支える靭帯が緩んでいる状態です。

産後半年までで骨盤が元に戻るとされています。その時までに、しっかりと調整をしないと歪んだ骨盤のまま戻りにくくなります。

しっかりと骨盤矯正をすれば、産後の状態かあるいは、それよりも良い骨盤を手に入れられるかもしれません。

産前から産後までの骨盤の状態についてと、当院での産後の骨盤矯正について紹介していきます。

産後にどうして骨盤が歪むの?

出産により、赤ちゃんが通る産道を作る為に骨盤に付着する筋肉や関節が緩みます。

筋肉でいうと、骨盤の中に付着する骨盤底筋と呼ばれるもので内臓や子宮を支える筋肉です。

関節は特に腰の下にある仙骨との関節の仙腸関節や左右の恥骨の繋がる部分の恥骨結合あり、その関節が緩みやすくなります。

関節が緩むのは妊娠中にリラキシンという子宮を弛緩させるホルモンが存在し、出産前に分泌がピークとなります。

このホルモンは骨盤にある恥骨結合が弛緩する作用も持っています(産道を広げる為)。なので分娩に必要な大事なホルモンになります。

出産後は分泌が止まるのですが、産道を赤ちゃんが通る時に靭帯や関節、筋肉が傷み、それらが戻るまでに約半年の期間を要すると言われています。

いつ骨盤矯正するのが良い?

子宮の収縮が始まるまで産後1ヶ月くらいからとされているので、そこからおこなうと良いと考えます。

骨盤が戻るまで3〜4ヶ月か、半年くらいと言われています。緩んだ靭帯が戻るのがその期間です。

なので、産後から1ヶ月〜6ヶ月くらいがオススメです。

その後でも、産後で骨盤の開きが気になる方でも対応できますのでご相談頂けましたら大丈夫です。

骨盤が開いたままで残ってしまうと、お腹にぜい肉が付きやすくなったり、むくみ冷えやすくなる原因になる場合もあります。

また、骨盤が開くことで体幹が安定しないことにより、腰痛肩こりなどの原因になることもあります。

当院は予約制なので、お子さんを連れてきても心配ございません!

当院は予約制ですので、小さなお子さんが泣いたりしても周りの目を気にすることはしないでも大丈夫です!

また、お子さんが赤ちゃんの場合にはあやしながら施術することも可能ですのでご安心下さい!

当院の産後の骨盤矯正について

当院では骨盤矯正の方法をいくつも行っております。出産が終わりその方の状態で適切な矯正法が変わってきます。

筋肉の緩みが残っている場合も多く、骨盤を締める筋肉を鍛える必要もあります。筋力トレーニングも兼ねて行い、妊娠前の状態、いや、それ以上になれるよう治療していきましょう!

ご自宅でできる、ながらトレーニングの方法もあります。O脚のトレーニング法ですが、骨盤底筋にも効き、有効なので実践してみてください!(以下の動画でご覧ください!)

ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください!!

産後の骨盤矯正のメニューはこちらから!

その他の骨盤矯正についての説明はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー