水道橋・神保町・後楽園・飯田橋・九段下でお悩みの方はルクス治療院・鍼灸・整体・マッサージで!

痛みやだるさが慢性化して、なかなか抜けないという方は多いのではないでしょうか?

どのようにしたら慢性化した痛みが取れるのかを紹介していきます。

なぜ慢性化した痛みになるのか?

基本的には姿勢が悪くなったりして、筋肉の負担が長期的に掛かったりして起こるパターンがおおいです。

姿勢が悪くなると、なぜ痛みが起こりやすくなるのか?

1.良い姿勢では掛からないような強い負荷が筋肉に掛かってしまう

2.筋肉の機能(柔軟性など)が悪くなることで良い姿勢に戻りづらくなる

3.関節の可動域にも影響し、動きが鈍くなることで筋肉に運ばれる血液の循環が悪くなる

などの状態になり、痛みが抜けづらい体になってしまいます。

どんな対策が慢性化した痛みに良いのか?

筋肉の柔軟性の悪さや骨格の歪みが強く出ている場合が多いです。

ただ、伸びない筋肉を無理にストレッチしてもあまり効果がありません。

一番良いのは、まず骨格や筋肉を良い状態にすることで、効率的にストレッチをするなどのケアが出来ます。

良い状態を作りストレッチをした方が、セルフケアする際に痛めるリスクが軽減できるからです。

 

■当院で慢性化した痛みを治療をした30代女性の記事です。

>>【 【お客様の声】30代女性在宅勤務での肩こり(当院掲載のポータルサイト抜粋)

 

良姿勢で痛みから開放へ

良姿勢を作ることで痛みが出るリスクが少なくなります。

それは、良い姿勢でいることで筋肉や関節に余計な負担が掛かりづらくなり、筋肉であれば疲労物質の乳酸や痛みの発痛物質などが流れやすくなり、痛みを感じづらい身体になります!

当院でおこなう、姿勢矯正で良姿勢を作り、痛みが出にくい身体を作りましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院電話番号

0363808446

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・当院で慢性化した痛みを解消できるメニュー一覧

>>【 治療メニュー・料金表