こんにちは、水道橋駅すぐ、神保町や後楽園からも徒歩圏内の「ルクス治療院」です。

当院では妊婦さんの整体もおこなっております。

✓いつから通っていいの?
✓妊娠してから体の不調が強くなった
✓臨月でも通えるの?
✓腰痛がひどい、、、
✓逆子になっている

これらについてなどをお答えします!また当院での治療についてもご紹介してまいります。

妊娠中はいつから通えるの?

一般的には、安定期(約16週くらい)に入ってから通うのが良いとされています。ですが、当院では妊娠初期も対応いたします。その際ですが、つわりの症状やその他妊娠の影響による不調が強い場合には施術を控えた方が良いケースもあります。

産前(臨月)も施術は可能ですが、こちらも体調が安定している時に施術をおこなうのが望ましいです。

妊娠中による痛み

妊娠中期からお腹が大きくなることで、体のバランスが悪くなることで反り腰になり、腰痛などの不調が出てきます。また、妊娠特有の不調ですと貧血・痔や便秘などがあります。

腰痛の原因

さきほど触れた通りにお腹が大きくなることで反り腰になってしまい、腰や背中で支えようとすることで負担が掛かり腰に痛みを生じてしまいます。

また、リラキシンというホルモンが骨盤周りの靭帯や関節を柔らかくする(出産をするときに産道を広げやすくする)為、筋肉の負担がより一層掛かってしまい腰痛を生んでしまいます。

その他の不調

貧血は妊婦の場合には鉄欠乏性貧血(赤血球が低下)が起こりやすいです。鉄分の多い食事(レバーやほうれん草など)を多く摂るように心がけましょう。

お腹が大きくなることで、腸を圧迫して便秘になりやすいです。そして便が固くなることで、いきみやすくなり肛門に負担を掛けて痔になりやすくなります。適度に体を動かして腸の動きを付けること、便をする時にいきまないようにするのが大事です。

逆子の治療

逆子の診断は妊娠約30週くらいにされます。妊娠中期の間では、子宮の中にゆとりがあるので胎児が動き自然と逆子が治ることも多いです。

逆子と診断された後でも戻るケースもあります。お灸や骨盤矯正などを加えてアプローチをすると良い結果にも導きやすいです。

当院でおこなう治療

主におこなうのは骨盤矯正です。特に腰痛を引き起こしている方は、腰と骨盤のバランスがかなり悪くなっています。また骨盤のバランスの悪さで首や肩の痛み、頭痛等も引き起こします。

骨盤矯正と言えども当院では負担の少ない治療をおこない、妊婦の方でも安心して施術が受けられるようおこなっております。

症状により、鍼灸の治療も提案させて頂くこともあります。対話をしてご希望に沿う治療をおこないます。

また、産後の骨盤矯正もおこなっております。おおよそ産後1か月程度~おこなうと良いです。詳細は↓↓
産後の骨盤矯正について

お悩みでしたらまず一度ご相談下さい

当院では「LINE公式アカウント」にて無料で24時間お悩みについてご相談承っております。施術を受ける前に聞いてみたいことや、こんな症状は効果があるの?など何でも構いません。どうぞお気軽にご利用くださいませ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー