鵞足炎や膝の痛みでこのようなお悩みないですか?

・走ると膝の内側が痛くなってくる

・膝の痛みを我慢してスポーツをしてたら、日常生活でも痛みが出てきた

・ランナーで走る時のフォームが悪い

・元々X脚で走ったりすると膝の内側が痛い

・膝の内側が痛く、シップをしても痛みが引かない

このような方は鵞足炎の疑いがあるかもしれません。

スポーツで走りたくても痛みで走れないのはお辛いですよね、、、

痛みを放置していると、慢性化して「じっとしていても辛い」「骨の変形」の可能性も出てきます。

ランナーやサッカーなど走る競技で多くみられる鵞足炎。

どのようなもので、当院ではどのような治療をするのかを紹介していきたいと思います。

鵞足炎とは?

まず鵞足について紹介していこうと思います。

鵞足は「縫工筋」「薄筋」「半腱様筋」の3つの腱で構成されていて、それらが膝の下のすねの骨の内側に集合している形が「ガチョウの足のみたい」と言う理由で鵞足と名づけられています。

その鵞足の部分に負担が掛かって繰り返しストレスが掛かることで炎症が起こり膝の内側付近に痛みが出てきお」ます。これを鵞足炎と呼びます。

鵞足炎の症状

上記にあげた膝の内側に痛みが出るのですが、痛みが出る時は以下の時になります。

・ランニングで足を蹴りだした時

・階段の上り下り

・横のステップのような動きをした時

などが挙げられます。

基本的には、鵞足部分を押すことで痛みが出るので、それで鵞足炎かどうか判断します。

痛みが強い場合には、日常生活に支障をきたすくらい強い痛みが出て、足を動かさなくても痛みが出ることもあります。

鵞足炎の原因

基本的には、ランニングなどの走る動作や、ラグビー・アメフト・バスケットボールなどの横の動きをするスポーツでもよく見られる疾患です。

主に原因としては、このようなものが挙げられます。

・特に上記のスポーツにおいて使いすぎ

・X脚などの骨格の歪み

・スポーツをするにあたってウォームアップ不足

・スポーツをするにあたって靴や練習環境によるもの

などがあります。

意外と負担を掛けていることに気づかずに、鵞足炎になった方も少なくありません。

当院での鵞足炎の治療について

鵞足に掛かる筋肉の柔軟性を高めることと、膝を曲げる筋肉の機能の向上をはかることが大切になります。

特に鵞足炎になっている方には、膝関節だけでなく股関節や足関節の調節も大事です。

当院ではまず、鵞足炎の場合には足全体の骨格のバランスをみてマッサージや、足の骨格矯正をおこない負担を減らすようにつとめていきます。

筋肉の機能を良くするためには鍼灸を併用するのが良いですが、苦手な方はお申し付け頂ければと思います。

ケアの方法や、スポーツをするにあたっての指導もおこなっておりますので、お悩みでしたら当院にお申し付け頂ければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー