こんにちは、水道橋駅すぐで神保町や後楽園からもすぐにある「ルクス治療院」です。

今回は顎関節症についての紹介です。

顎周りの不調でこのような状態はありませんか?

✓口が開きにくい

✓口を開くとギシギシと鳴る

✓顎の周りが痛い

以上のようなものが当てはまると、「顎関節症」の疑いがあるかもしれません。

あまり痛みを放置していると、「不眠」や「変形性顎関節症」などと違う症状や進行してしまう可能性があります。

顎関節症はどのようなものなのか、当院での治療について紹介していきます。

顎関節症とは?

主に顎の関節周りの病気で、上記に挙げた開口障害(口が開きにくい)顎の痛み関節雑音(口を開く閉じるで音が鳴る)があります。

顎関節症の原因

・歯ぎしり
・歯並びの悪さ
・ストレス
・ケガによるもの

このようなものが多く、ストレスと歯ぎしりの関連性は大きいように感じます。

顎関節症によるその他の影響

顎のバランスが悪くなることで、その他の不調の原因になることがあります。

・頭痛
・肩こり
・耳鳴り
・めまい
・腰痛

このような症状が併発して出ることもあり、症状の出方は個人差があります。

顎関節症での対策

顎関節症は主に歯科・口腔外科にて診断されてから当院に来院されるケースも多いです。

必要な対策として主な方法が以下となります。

マウスピースの作成

歯科に通院するとマウスピースを作成してもらうと思います。

マウスピースの役割としては、「歯を保護する」「噛む力を軽減する」効果があり、睡眠時に使用することは有効かと思いますが、たまにマウスピースが合わず違和感を感じるケースもあります。

歯並びの矯正

かみ合わせの悪さによって、喰いしばりが強くなって結果として顎関節症を招くケースもあります。

矯正をおこなうことで顎関節の負担を減らすことができますが、多くの時間と費用を要してしまうデメリットもあります。

運動療法・マッサージなど

顎関節の周りの筋肉が固まり、動きが悪くなっているケースがあります。

関節そのものに影響がなく、バランスが悪くなって動きが悪くなっているケースでは有効な手段になります。

また顎関節を構成する骨格の歪みを取ることで、関節の動きをスムーズになったりします。

関節の変形がある場合でも、現状よりも動きが大きく痛みを減少させることができます。

当院での顎関節症の治療

顎関節症の方は、顎周りだけでなく首や骨盤などのバランスが悪くなっているケースが多くなっています。

顎の動きや痛みの程度に合わせて、筋肉や関節のバランスを調整することで痛みを緩和することができます。

その他頭痛や肩こりなどの症状がある場合には、顎周りだけでなく全体のバランスを調整するようにしていきます。

症状が軽い人であれば1~2回程度強い場合には3~10回程度の施術で軽減するかと思いますが、症状の程度により前後することもあります。

当院では無料で24時間お問い合わせできます

顎関節症についてお悩み等ありましたら、当院の「LINE公式アカウント」にて無料で24時間お問い合わせができます。

顎関節症以外でもお悩みのことなどありましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

また、ご予約にもお使いになれますのでお気軽にご利用くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー