水道橋・神保町・後楽園・飯田橋・九段下で「膝蓋腱炎(ジャンパー膝)」でお悩みの方はルクス治療院・鍼灸・整体・マッサージで!

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)ランナーやジャンプ動作などが多い競技で痛みが引き起こりやすいものです。

膝の痛みでこのようなお悩みはないですか?

✔バレーボールやバスケでジャンプを繰り返し膝の上下が痛くなった

✔ランニングをしていたら膝の上下が痛くなる

✔膝の上下の痛みがあったが放置しても良くならない

などでお悩みの方は膝蓋腱炎(ジャンパー膝)の可能性があります。

スポーツをしていて、膝の痛みで走ったりできないのはお辛いですよね、、、

放置していると、日常生活で支障が出たり、膝蓋腱損傷の原因になるかもしれません。

自己判断せず早めの治療が一番大切です。

原因と当院での治療について紹介していきたいと思います。

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)の原因

主に使いすぎ(オーバーユース)によるものが原因です。

膝蓋腱と関連のある大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)の柔軟性が悪くなることで、引き起こりやすくなります。

また、スポーツでのフォーム不良や、骨格の歪み(膝や股関節の捻じれ)によるものが原因となっていることもあります。

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)の痛みの部位は、主に膝蓋骨(お皿)の下辺りに痛みが出ますが、膝の上に出ることもあります。

膝の曲げ伸ばし動作が繰り返しおこなわれることにより、膝蓋腱に負担が掛かって膝の下に痛みが出てしまいます。

膝蓋腱とは?

膝蓋腱は膝蓋骨(お皿の骨)と脛骨(前すねの骨)を結ぶ腱で、膝蓋靭帯は同じものです。

役割としては、膝の曲げ伸ばしをスムーズにおこなえるようにしています。

繰り返し曲げ伸ばしで負荷を掛けることで、膝の下にある膝蓋靭帯の部分に痛みが出るようになります。

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)のなりやすいスポーツ

・バスケットボール

・バレーボール

・ランニング

・サッカーのキック動作によるもの

などが挙げられます。

上記以外でも、膝の曲げ伸ばし動作が多いスポーツなどはなりやすいです。

膝蓋腱炎の症状の程度

軽度:スポーツでの痛みはあるが、スポーツ中での支障はなし

中等度:スポーツ中やスポーツ後に痛みはあるが、スポーツ中での支障はなし

重度:常に痛みがあり、スポーツに支障が出る

最重度:完全断裂or部分断裂

特に重度・最重度の場合には、痛みがはっきりしている為、整形外科に行きX線・MRIなどで診断してもらいます。

軽度や中等度の場合には、競技には支障がなくとも治療をこの段階でおこなう必要があります。

軽度の場合には、膝の痛みは競技を行わずに安静にすれば緩和することもあります。

ただ、日常生活でも負担が掛かることが多ければ、サポーターなどで関節や筋肉を保護することが大切です。

軽度の場合には、セルフケアとして大腿四頭筋のストレッチをおこない、予防に努めるようにしましょう。

大腿四頭筋ストレッチ:痛い方の膝を正座するように座り(反対足は伸ばす)、そのまま仰向けで寝るようにします。痛気持ちいい程度のポイントで止め20秒くらい伸ばしましょう!
※ストレッチであまりにも痛い場合には、無理しておこなわずに治療をおこなう必要がある場合もありますのでご相談下さい※

当院での膝蓋腱炎(ジャンパー膝)の治療について

膝の痛み全般に言えるのですが、膝の痛みがある場合には股関節や足関節の歪みが出ていることが多いです。

また、膝蓋腱炎(ジャンパー膝)の場合には大腿四頭筋の柔軟性が悪くなっていることがほとんどです。

鍼灸や下半身の骨格を矯正をすることで、緩和することができます!

スポーツでのフォーム改善やストレッチ法なども指導致しますので、膝の痛みでお悩みでしたら、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

>>その他の膝の痛みはこちらに詳細があります

>>スポーツによる膝の痛みはこちらのメニューから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー