水道橋・神保町・後楽園・飯田橋・九段下で「脊柱管狭窄症」でお悩みの方は、ルクス治療院・鍼灸・整体・マッサージで!

老化によって引き起こる腰痛やお尻や足にかけて出現する神経症状です。

慢性的な腰痛で、腰部脊柱管狭窄症が原因だったという事例も少なくありません。

特に50代以上の方でこのようなお悩みはないですか?

✔長く歩くと腰が痛くなるが、休むと緩和する

腰を後ろに反ると痛みが出てくる

✔身体を前のめりにしている方が楽

このようなものが当てはまっていると、脊柱管狭窄症の可能性があります。

脊柱管狭窄症を放置していると、腰痛が強くなったり手術の可能性もある疾患です。

進行性の疾患でもあるので、早めのケアをすることで痛みを落ち着かせることができます

では、脊柱管狭窄症の原因と治療について紹介していきます。

腰部脊柱管狭窄症の原因

脊柱管とは、脊椎(背骨)に脊柱管の部分があり、そこには脊髄神経や馬尾神経が通っており、その部分が狭くなることによって神経を圧迫して腰痛・足の痛みやしびれなどの神経症状を引き起こします。

原因は、年齢と共に椎骨(背骨の骨)・靭帯・椎間板などが変形することで脊柱管が狭窄して引き起こるものがほとんどです。

若い方ですと、40代くらいから出現する方もいらっしゃいます。

特に姿勢が悪くなっていたり、デスクワークなど座り仕事が多く同じ姿勢をとることが多いなどがあると、長期的に椎間板などにも負担が掛かり、腰部脊柱管狭窄症を引き起こす引き金になることもあります。

腰部脊柱管狭窄症の症状

・長く歩くと腰痛が出て休むと楽になる(間欠性跛行

・腰を後ろにそらすと腰痛が出る

・足の痛みやしびれ

これらが腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

また、症状が進行すると足の筋力が低下したり、尿漏れや肛門周囲のほてりなどの症状も出現します。

その症状があまりにもひどい場合には手術などを検討することもあります。

当院での腰部脊柱管狭窄症の治療について

まず脊柱管狭窄症かどうか症状や動きなどをみて判断します。

腰部脊柱管狭窄症の場合には、腰の動きが悪い場合が多いので、可動域をあげるように運動療法を加えて施術をしていきます。

また、狭窄している脊柱管の部分の神経は、血流が悪くなって神経症状をより悪くしています。

鍼灸療法を併用することで、直接患部を狙って神経の通りを良くすることで症状の緩和が望めます。

特に60代以上には多い疾患です。腰痛の原因でも多く占めるものですので、しっかりとケアをして痛みのないようにしていきましょう!

神経症状があまりにも強い場合などには、適切な医療機関の受診を勧める場合もあります。

お悩みでしたら、まずご相談頂ければと思います。

腰痛解消コースはこちらから!

>>その他腰痛の原因や治療についてはこちらにも記載してあります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー