水道橋・神保町・後楽園・飯田橋・九段下で腰痛でお悩みの方はルクス治療院鍼灸・整体・マッサージで!腰痛の原因も様々あります。特にオフィスワーカーですと、腰そのものの原因だけでなく骨盤の歪みによるものが多いと感じます。なぜ骨盤の歪みで腰痛が出るのか簡単に説明したいと思います。

骨盤は体の土台

骨盤の位置は体のほぼ中央に分布し、寛骨(腸骨・坐骨・恥骨が癒合したもの)と仙骨と尾骨で形成したものをいいます。股関節を形成する一部にもなるので、上半身と下半身を繋ぐものと考えていいでしょう。

家で言う基礎のようなものです。それらが崩れると欠陥住宅のようになってしまいます。骨盤が歪むことで骨盤の負担だけでなく、その他の部位も連鎖的に負荷が掛かり痛みの原因になってしまいます。また、背中を支える深部に筋肉の付着部(脊柱起立筋など)があるポイントになり、骨盤の歪みによりそれらの筋肉が大きく負担が掛かってしまい痛みの原因になる場合もあります。

 

骨盤の歪みでなぜ腰痛が?

骨盤と腰は隣接した部位になります。骨盤が歪むと隣の腰に大きなひずみを生んでしまい腰痛の原因となります。もちろん、腰だけでなく股関節や肩こりの原因にもなりうることも少なくありません。

特にデスクワーカーの方ですと、長時間座りっぱなしでいる方も少なくないかと思います。姿勢も悪くなり、徐々に骨盤や背中全体、身体を支える筋肉に負担も掛かり続けることで骨盤の歪みに繋がってしまいます。

 

早めの処置が予防の近道

多くの方は痛みを感じても、放っておけば治ると思っているでしょう。そのひずみが繰り返されるうちに筋肉の影響や歪みによる腰痛だけでなく、椎間板症やヘルニア等強い痛みを生み出す原因となる場合も少なくないでしょう。違和感があるうちに対処できるのがベストと言えます。こういう症状あるけどどうなのかと気になる方がいらっしゃいましたら、お問い合わせ頂ければと思います。

 

当院では骨盤矯正・骨格矯正を得意としています。

お悩みの方は一度当院にお気軽にご相談下さい!!

肩こり・腰痛コースはこちら!