水道橋・神保町・後楽園・飯田橋・九段下でお悩みの方はルクス治療院・鍼灸・整体・マッサージで!

腰椎椎間板ヘルニアは意外と多い疾患でもあり、慢性腰痛の原因にもなりえるものです。

詳細について記載しましたので、ご覧頂ければと思います。

まず腰椎椎間板ヘルニアの腰痛などは良くなるの?

先に結論から申しますとほとんどが良くなります!

腰椎椎間板ヘルニアと診断されて約9割の人は、手術をせずに保存療法(鍼灸や整体など)で痛みの緩和をおこなって、日常生活を普通に過ごせている人です。

痛みの元の部分の治療もそうですが、腰椎に負担の掛かりづらいように姿勢矯正などをおこなうことで、痛みが軽減したりしびれがなくなったりする方がほとんどになります。

腰痛やしびれがなくなるように、当院はサポートできる治療院だと思っております。

>>腰椎椎間板ヘルニアでお悩みだった患者さまの声

腰椎椎間板ヘルニアの原因

主に姿勢が悪くなり腰椎の椎間板に負担が掛かりやすい状態になっていると、腰椎椎間板ヘルニアになりやすいとされています。

例えば中腰の姿勢が日常で多かったり、座っている時間が長くて姿勢が悪くなったりしていませんか?そんな状態が続き腰痛が慢性化しているとヘルニアを引き起こしているかもしれません。

また、若年層で体をよく動かす人であったり、加齢とともに椎間板が弱ってしまいヘルニアの状態になることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰痛・臀部(おしり)の痛み・腰から足にかけての神経痛が現れます。

しびれの特徴ですが、左右どちらかの足にしびれが出てきます。症状の名前でいうと坐骨神経痛です。

その理由は、ヘルニアで左右どちらかの神経根を圧迫することで、その神経が出ている領域に対して痛みやしびれなどの神経痛が現れるのです。

ヘルニアの診断方法は、主にMRIによる検査が確定診断に必要なものですが、その他ですと「SLR(下肢伸展挙上テスト)」という足を伸ばした状態で上げて約30度くらいの高さでおしりや足にかけて痛みやしびれが出るというものです。

このSLRもヘルニアの場合は高確率で出現するので、診断する時によく使われるものです。

当院での腰椎椎間板ヘルニアの施術について

腰椎椎間板ヘルニアの中でも、どの部位でのヘルニアを引き起こしているのかを検査します。

腰痛の程度もそうですが、しびれがももの裏までなのか、ふくらはぎまで、すねや足の指に出ているのかを確認します。(腰の骨は5つあって、その中から出てくる神経の部位によってしびれの出方が違うからです)

治療としては、主に鍼を使った施術をおこない、姿勢矯正をおこない腰の筋肉や関節などに負担の掛かりづらい身体を作っていけるようにしていきます。

違和感などがありましたら、早めの処置をおススメ致します。

上記にあげたように、ほとんどが良くなる疾患ですがヘルニアの程度により、痛みの緩和までの期間を要する場合があります

施術の頻度

痛みやしびれの程度により、施術の頻度は変わってきます。

まずは1週間に1度の施術を2~3カ月は続けるようにして頂きます。

その後痛みやしびれが落ち着いてきたら月に2度の施術を1~2カ月おこない、緩和したようなら月に1度のメンテナンスをおこないます。

日常生活での負担などに左右されますので、ご相談しながらおこなっていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー