水道橋・神保町・後楽園・飯田橋・九段下で手のしびれでお悩みの方はルクス治療院・鍼灸・整体・マッサージで!しびれだけだなく筋力低下や強い不快感にみまわれることもあります。しびれ一つでも原因が様々ありますので、疾患別であげましたのでご覧下さい。

手の痛み・しびれ

頸椎から来るもの

上腕や前腕、手にかけて繋がる神経の根っこの部分が首から出てくる神経(頸髄神経)になります。その神経が出てくる部分で腕に繋がる神経の部分を圧迫すると、その末端の肩や背中、上肢にかけてしびれや痛みを引き起こします。

頸椎椎間板ヘルニア・頚椎症性脊髄症

引き起こされる原因としては、頸椎間板ヘルニアや頚椎症性脊髄症などがあげられます。脊柱管や神経根の部分が変形により神経を圧迫し、末梢の上肢の神経に影響が出るためです。

胸郭出口症候群

A斜角筋症候群・B肋鎖症候群・C小胸筋症候群(過外転症候群)を総称して呼ばれるものです。

上肢や肩甲骨の運動や感覚の支配をする神経(腕神経叢)があり、A前斜角筋・中斜角筋をの間、B鎖骨と第一肋骨の間、C小胸筋の停止部(肩甲骨の烏口突起)の後方を通りますが、その経路のいづれかで絞扼ししびれや痛みを引き起こします。

特徴としては、腕を上げることで神経や血管が圧迫され神経症状だけでなく血行障害なども引き起こされます。重労働などで負荷を掛けるなどが主な原因とあげられます。

 

腕から来るもの

手根管症候群

正中神経障害の症状で、親指・人差し指・中指と薬指の親指側半分の手のひら側にしびれが出ている場合は、正中神経麻痺の可能性を疑います。診断方法のひとつとして、両方の手の甲を合わせるようにくっつけると次第に症状が悪化するなどがあります。また、指のつまみ運動が上手くできなくなり、OKサインなどが上手くできないなどあります。

肘部管症候群

小指と薬指の小指側半分の指全体にしびれが出ている場合は肘部管症候群を疑います。尺骨神経の障害の症状となります。原因としては、ガングリオンや肘の変形等で出現するなどいわれています。

橈骨神経麻痺

親指・人差し指・中指の手の甲側にしびれが出現し、手首を甲側に動かしずらくなったり(下垂手(上腕の中央部での障害))指が伸ばしずらくなる(下垂指(肘関節部分での障害))などの症状が出現した場合は橈骨神経麻痺を疑います。原因は外傷や使いすぎ、ガングリオンなど様々あげられます。

 

当院の治療について

まずは細かくどの部位の原因でのしびれが出現しているのか特定することが大切です。必要があれば病院には診断をしてもらう必要もありますが、鍼などで神経の流れを良くすることで軽減するものも多いです。適切な治療をおこない、緩和や消失するお手伝いをしたいと思っております。ご不明な点などありましたら一度当院にご相談下さい!!

神経痛もこちらのコースで!