在宅勤務やテレワークによる肩こりでお悩みの方はいらっしゃるかと思います。

運動不足も重なり、肩こりが解消されないという人は肩周りの筋肉の柔軟性が悪くなっている可能性があります。

姿勢が悪くなることで、より一層肩甲骨周りの筋肉の働きが悪くなるので、これから紹介するストレッチをおこなって頂き、肩こりが解消出来ればと思います。

脇周りのストレッチ

このストレッチは猫背や巻き肩になって、丸くなっている人におススメのストレッチです。

ストレッチ法

まず足を肩幅くらいに開きます。

伸ばしたい側の腕をバンザイするように伸ばします。(肘も伸びるように)

その時に手のひらを外側を向けるようにしましょう。

反対側の手で手首を持ち、伸ばした腕と反対方向に体ごと倒しましょう。

痛気持ち良いくらいのポイントで10秒キープしましょう。

※身体をあまり丸めないようにしておこないましょう※

胸周りのストレッチ

これは特に巻き肩の人にやって欲しいストレッチになります。

ストレッチ法

伸ばしたい側を壁の淵に手を乗せるようにします。(手のひらを上に向けます)

手首の位置は、肩と同じ高さにします。

軽く肘を曲げ、反対側斜め45度くらいに体全体を向けます。

そのまま身体を前に倒します。

痛気持ち良いくらいで20秒くらいキープしましょう!

1日3回程度おこなうと良いです。

腕の前側の付け根辺りが伸びていればOKです。

※背中を丸めずにおこなって下さい※

首周りのストレッチ

ストレートネックの人にやって欲しいストレッチになります。

ストレッチ法

座った状態で少し背筋を伸ばし、後頭部に両手を当てます。(軽くアゴを引くようにします)

両手は顔の方向に、頭は後ろの方向に動かします。

後頭部と首の上の辺りが伸びていればOKです。

痛気持ち良いところで止め、20秒くらいキープしましょう!

1日3回程度おこなってみましょう。

※少し背中を丸めるようにおこなうと良く伸びます※

まとめ

在宅勤務など運動をする機会も減って、筋肉の伸びが悪くなっている人が多いような気がします。

紹介したストレッチなど、ちょっとしたケアで身体が変わってくるものです。

今回紹介したストレッチは動画でも紹介してありますので、是非ご覧下さい!

ストレッチで少しでも肩こりが楽になれば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー