こんにちは!千代田区水道橋駅すぐにある「ルクス治療院」です。

腰のヘルニアと診断されて、腰痛や足にしびれが出ている人で、このような経験はないですか?

✓洗顔でかがむと腰痛や足のしびれが出る

✓寝ているところから腹筋で起きると痛い

✓長座でももの裏のストレッチをすると痛い

このような方は、ヘルニアによる神経の圧迫を受けやすい状態になっています。

中腰やももの裏のストレッチを掛けるような動作は、腰の負荷を強めたり、神経を過度に伸ばされて痛みが出やすくなってしまいます。

なぜ中腰が良くないのか、痛みがある人にはどのような対策が必要なのかを紹介したいと思います。

中腰はヘルニアの痛みを強めてしまう動作です

ヘルニアの方は、椎間板という背骨の間にあるクッション材の役割をするものが変形することで起こります。

椎間板の負担が強くなれば、痛みが出やすい状態になるのです。

では椎間板に掛かる負担はどのような動作なのか?

一番負担が掛かるのは、「前かがみ」の姿勢です。つまりは中腰です。

特に中腰で荷物を持ち上げる時には、一番椎間板の負担が掛かり、立っている時の2倍以上の負荷と言われています。

また、座っている時は立っている時の1.5倍ほど負担が掛かると言われています。

ヘルニアは足を伸ばすのもダメ?

長座の状態で足を伸ばすようなことをしても、ヘルニアの場合には痛みを強めることがあります。

上半身を前に倒すと痛みが出やすいですし、足を伸ばしたままでストレッチを掛ける動作も痛みを引き起こす動きになります。

ヘルニアの症状が強く出ている場合ですと、このようなことをしなくても痛みやしびれが出ていることもあります。

日常生活を見直してみましょう

ヘルニアの症状を強めてしまう原因や、椎間板の負担を掛けてしまう要因の多くは「姿勢の悪さ」です!

例えば普段こんな姿勢を取っていませんか?

✓仕事で身体を丸くして座っている

✓歩く時に背筋が伸びていない

✓下を向いたままで歩いている

こんな人は椎間板の負担を強めていて、ヘルニアの原因やヘルニアによる痛みを強める可能性が高いです。

また、中腰をしてしまう人は上手く足を曲げてみたり、下半身を上手く使う工夫をすると、椎間板への負担を減らすことができるでしょう。

良い姿勢はヘルニアの症状を軽減・緩和させます!

まとめ

ヘルニアの症状がある人には、中腰になることはNG行為です!

その他負担を掛ける要因が日常生活にあることが多いので、この記事をご覧頂き見つめ直す機会になれば幸いです。

その他、当院のブログでは健康に関する記事も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

また、お身体についてのお悩みは当院の「LINE公式アカウント」で24時間無料で承っております。

以下にあるボタンより、友達登録できますので是非ご利用くださいませ!

良い姿勢の作り方の動画が以下から!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー