水道橋・神保町・後楽園・飯田橋・九段下でお悩みの方はルクス治療院・鍼灸・整体・マッサージで!季節の変わり目で気温や気圧の変化が大きくなる時期に不調を訴える方が多くなってきています。特にどのようなものがあるのかを簡単ではありますが、紹介していきたいと思います。

頭痛などの不調

特に気圧が下がる時などは血管が拡張して引き起こされるなどといわれています。その原因として、気圧が下がることで空気中の酸素濃度が下がることで多くの酸素を供給しようと血管が拡張するという機序になります。そしたらみんながそういった不調になるのか、という声も上がるかもしれません。それはNOです。

特に引き起こりやすい方は、自律神経の乱れがある方です。なぜなら、自律神経には血管の運動をおこなう役割があるからです。その働きが上手くいかないと結果頭痛の要因になってしまいます。天候などの変化により不調となることを気象病と呼んだりもします。こういった気象病は、関節痛耳鳴りの症状も引き起こされたりします。

 

ぎっくり腰などの急性疾患

季節の変わり目ですと温度変化も大きく、日中は暖かいですが朝晩の気温が低くなり筋肉が冷えて硬くなりやすくなり、中腰などの動作で腰の筋肉が伸長されることで痛めてしまい、炎症を引き起こしてしまいます。元々筋肉の柔軟性がなくなってしまっている方が特になりやすいとされています。また、骨格の歪みが強く、負荷が掛かりやすいような状態の方の多くがぎっくり腰になっているかと思います。

 

当院での施術について

基本的にこれらの疾患等については適応となります。今まで施術してきた患者さまでこのような悩みを抱えている方は多かったです。気象病の場合は当院の自律神経施術と、痛みや不調の部位の局所施術を加えておこないます。

また、ぎっくり腰の施術は炎症の程度を確認し、可動域を拡張させるよう施術をおこないます。

これらの不調は今からゴールデンウィーク辺りまで多いのではと思います。何か気になる点などありましたら、お気軽に当院にお問合せ下さい!!

お悩みの方はこちらのコースで!