パーキンソン病の治療について

水道橋駅すぐ鍼灸・整体のルクス治療院です。

当院では難病指定されている「パーキンソン病」に対応した治療をおこなっております。

原因がはっきりとわかっていないものでかつ、日本では約20万人ほどの患者数がいる疾患です。明確な治療法が確立されていない疾患ですが、鍼灸治療で大きく軽減をもたらすこともあります。

在宅や介護老人福祉施設などで鍼灸マッサージを目的としておこなうにあたり、健康保険適応での施術が可能です。病態やどのような症状か、重症度や治療についてなどを紹介していきたいと思います。

目次

パーキンソン病とは

脳内の「黒質」にある神経伝達物質の「ドパミン」が十分に作られなくなることで起こります。ドパミンは体を動かす為の運動調節の作用がありますが、ドパミンが減少することで、体の様々な箇所に影響が出てきます。

主な症状は以下のようなものです。

パーキンソン病の症状

体の動きに関する症状が主になりますが、その他症状もあります。

振戦(ふるえ)

主に何もしてない時のふるえ(安静時振戦)が特徴です。部位は手や足、顎などにも出現します。書字や食事が困難になることもあります。

固縮(筋肉や関節)

筋肉の緊張が強くなり、動きがぎこちなくなります。また、関節も固くなって動かすときに抵抗するような感覚になります。歩行障害(突進歩行・すくみ足・前傾姿勢など)が出たりします。

姿勢反射障害

体のバランスが崩れた時に自ら転倒を防ぐことが出来ず、転倒しやすくなります。

無動・寡動(かどう)

動作開始までの時間がかかり、動作そのものも遅くなります。また、表情が乏しくなります。(仮面様顔貌

運動障害以外では

便秘、起立性低血圧、頻尿や排尿困難、立ちくらみ、睡眠障害、記憶障害、うつ、幻覚や妄想などの症状も出現する場合があります。発病年数により変化があるとされているそうです。

重症度について

パーキンソン病においてはヤール分類を指標としています。

Ⅰ度

片側の手足にふるえやこわばりがあるが、体の障害はあっても軽い。

Ⅱ度

両手足のふるえ、筋肉のこわばりなどが出る。日常生活にやや支障がある。

Ⅲ度

すくみ足や歩行が小刻みになる。方向転換がしにくく転倒しやすくなる。介助なしで過ごせるが、日常生活に支障が出る。

Ⅳ度

歩行や立ち上がりなどが難しくなる。介助が必要になってくる。

Ⅴ度

車いすが必要になる。ベッドで寝ていることが多くなる。

治療について

病院での治療と、当院での治療について分けて話していこうと思います。

病院では

ドパミンを補うLドパ療法が主となっていて、その他ドパミンの効き目を良くする薬が処方されます。パーキンソン病の薬は副作用も多い薬で主に、胃腸症状・立ちくらみ・眠気・幻覚があります。また、薬が効いている時のそうでない時が突然出たり(オン・オフ現象)、お薬が効きすぎて手足が勝手に動いてしまうこともあります(ジスキネジア)。

当院では

主に鍼灸治療と運動療法で対応しております。固縮した筋肉や関節、頭などに施術をしていきます。

主に鍼灸の効果として、痛みなどの「身体的な苦痛」、「日常生活動作の改善」や精神症状などの「情動面の改善」が見込めます。運動療法により使われてない筋肉や関節を動かし、姿勢維持などしやすくします。また、自律神経や血流にも良い影響が出現するので、便秘や立ちくらみの症状にも対応することができます。

処方されているお薬と併用して治療することも可能ですので、鍼灸は安心して受けて頂けます。

健康保険適応、訪問も可能です

医師の同意があれば健康保険を用いての治療も可能です。また、通院困難であればこちらも医師の同意により健康保険適応にて訪問鍼灸マッサージも利用が可能です。老人ホーム等も訪問可能ですが、施設によって対応が異なりますのでご確認下さい。リハビリを受けている方も併用しておこなうことができます。もしもわからないことがありましたらご相談下さい。

訪問可能エリア:千代田区・文京区・新宿区等その他応相談可

患者さまやそのご家族さま

鍼灸やマッサージ治療を検討し、当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。介護保険にてリハビリをご利用されていても併用して鍼灸マッサージを利用することができます。施術を検討される場合には一度ご連絡頂けたらと思っております。健康保険を使って訪問マッサージを体験したいとご希望の場合、無料体験も可能です。お気軽にご相談下さいませ。

ケアマネージャーさま

介護サービスの利用に伴い介護保険の点数の残りが少なく、リハビリなどのサービスが難しいケースもあると思います。鍼灸マッサージでは「健康保険適応」ですので、介護保険の点数を気にせずに利用することができます。健康保険を利用するにあたって医師の「同意書」が必要となりますが、医師とのやり取りは当院がおこないます。御多忙かと存じますので、お手間をかけないようおこなってまいります。また、施術などに関しては連携を取り共有してまいります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA