こんにちは、水道橋駅すぐにある「ルクス治療院」です。

今回は私ごとですが、なぜ鍼灸・整体の業界を志したのかを紹介したいと思います。

中学生から腰痛持ちでした

中学生で部活で剣道を始め、競技をおこなっていく中で次第に腰痛が出るようになりました。

最初は気のせいだと思い、我慢をして競技をしていたら痛みが強くなり坐骨神経痛も発症して痛みが慢性化していました。

その当時は身長が急激に伸びて成長痛のようなものもありました。

父が鍼灸師で相談したら治療をしてくれました

痛みが我慢できなかったので、父に相談したところ「治るから大丈夫」と言ってくれて集中して治療をおこなってもらいました。

2週間程で痛みがかなり軽減し、部活も苦でないようになったのがとても感動しました。

ほぼ毎日部活があったので、時々痛くなってもすぐに治療をしてもらったおかげで休むことなく最後までやりとげられました。

痛みがない喜びを伝えたい

元々はファッション関係に興味があったので、服飾関係の会社に就職して仕事をしていたのですが、どこかやりがいが足りないと感じていました。

その時に仕事で腰痛が再発して父に治療をしてもらい、「この仕事に就きたい」「人に喜んでもらう仕事がしたい」と直感的に感じ一念発起をし、鍼灸・指圧マッサージの学校に通うことになりました。

痛みがあって競技や日常生活で苦しい思いをしている人が、痛みから解放されたら気持ちも晴れやかになります。

そのような経験を自分も伝える側になりたい、自分が経験していた痛みを我慢している人を1人でもなくしたい、その思いがあり今に至ります。

鍼灸・整体の治療を経験されたことがない人こそ

痛みがあるけど我慢している、鍼灸や整体に行くのが怖い、などとネガティブなイメージを持っている人は意外と多いかもしれません。

鍼灸の場合には食わず嫌いの人は多いように感じます。

受けたことがない人こそ、辛いのを我慢していた人こそ楽になる感動が味わえると思います。

いきなり行くのはちょっと抵抗がある、などと思っている方はお電話やLINE公式アカウントでも相談を承っております。

患者さまのQOLを上げることが私の仕事です

体が楽になるということは、仕事だけでなくお休みの日にレジャーや旅行などを楽しむ障害がなくなります。

つまりQOLを上げることになります。

体が痛いからやめておこう、運動をしたいけど今の状態ではできない、などとならない為に私の仕事があると思っております。

生活がエンジョイできる手助けを私が担いたいと思います。

私がお力になって痛みから解放する喜びを感じて頂きたいです!