水道橋駅徒歩1分【ルクス治療院】鍼灸・整体で身体の不調を根本治療

変形性股関節症と治療

  • HOME »
  • 変形性股関節症と治療

股関節周りでこんなお悩みはないですか?

✔ 長く歩くと股関節周りが痛くなる

✔ 股関節が思うように開かない

✔ 和式トイレで股関節が痛い、またはできない

✔ 変性性股関節症と診断されたが、痛みがあっても治療はしていない

少なくとも変形性股関節症の方だと、この中で1つは当てはまるでしょう。

長く歩いたり、運動をすると股関節周りに痛みが出てお辛いですよね、、、

この状態を放置していると、歩けなくなったり手術で人工関節になってしまいます。

特に女性に多いですが、鍼灸や整体などでケアすれば進行を食い止め、手術をしなくても良くなります!

もちろん変形の程度によりますが、施術をした方が日常生活が楽になりやすいものです。

よろしければ一度ご覧頂ければと思います。

変形性股関節症の種類

・一時性変形性股関節症

原因不明で関節への負担が原因となり、軟骨の破壊及び変形をきたすことにより起こります。
主に加齢などに伴うものが多いです。
また、体重の増加による関節の負担が増大することでも引き起こります。

・二次性変形性股関節症

変形性股関節症の80%以上のものが当てはまり、生まれつき股関節の骨盤側がの形が小さい臼蓋形成不全発育性股関節脱臼大腿骨頭すべり症ペルテス病などの小児の股関節の病気、脱臼や骨折などの外傷、痛風や化膿性関節炎などの炎症などで生じるものがあります。
特に二次性は小児期の股関節の病気で女性が多い疾患です。

変形性股関節症の症状

初期は臀部や膝の上部のこわばりや重い感じが出現し、歩き始めや長時間の歩行、階段の昇降で痛みが引き起こされます。
初期でも炎症が強く関節液がたまっていたり、関節唇が損傷されている場合には強い痛みがあります。
変形が進行すると、動きが制限され痛みが強くなり筋力低下してきます。
長時間の歩行や階段昇降、しゃがんだり立ったりする動作が困難になるなど徐々に日常生活の制限がうまれる可能性があります。

変形性股関節症の治療

今まで診た中で多かったのは臼蓋形成不全加齢による変形です。

先天性も後天性も股関節の負荷を掛けることで変形の程度が悪化することにつながります。

当院では鍼灸治療と運動療法を交えての施術を主体としておこないます。

さらに、股関節だけでなく背中全体のバランスを調整し、股関節の負荷を減らすことで痛みの軽減や動きの拡張につながります。

施術をすることで手術までいくものを食い止めることもできます。

諦めず治療しましょう!お気軽にお問い合わせ下さい!

股関節痛の方はこちらのコースから!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎当院ライン公式アカウント(ご予約やお問合せにお使い頂けます)

◎当院連絡先◎

0363808446

〒101-0061

東京都千代田区神田三崎町2-17-5 稲葉ビル202

◎アクセス◎

JR水道橋駅西口徒歩1分・東口2分

神保町駅・九段下駅・飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6380-8446 受付時間 [日・祝 休診]
平日 10:00〜21:00 土曜 10:00〜17:00

PAGETOP
Copyright © ルクス治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.